ホーム お知らせ 【コラム】ソフトバンクのアメリカ放題でいよいよ携帯電話の国際化の幕開け

【コラム】ソフトバンクのアメリカ放題でいよいよ携帯電話の国際化の幕開け

2568
0
シェア
PCカフェ ソフトバンクアメリカ放題

ソフトバンクが2014年9月よりサービスを開始した「アメリカ放題」。対象機種はiPhone6か、iPhone6PlusまたはiPad Air2/mini3というところに注意が必要(2015/5月現在)。

ソフトバンクのSprint買収報道から、シームレスな携帯電話の利用が期待されていましたが、いよいよこのサービスにより、携帯電話の国際化が加速していくでしょう。まずは米国からスタートしているこのサービス。9月から3回ほど渡米し、サービスを実際に使ってみた感触をレポートします。注意点もありますので、先にまとめてみます。

  • iPhone6/6Plus/iPad Air2/iPad mini3だけで利用できるサービス。
  • 基本設定(国際ローミング:オフ)で使う。
  • 通話は日本国内でいるのと同じ。日本国内へと米国内への通話も無料。
  • sprint以外のAT&TやT-mobileにつながっているときは、通話・SMSともに、国際通話料金がかかるが、データ通信は使えなくなっている。

簡単に言うと、sprint以外のキャリアの時には通話しないように注意が必要。データ通信の国際ローミングは必ず:OFFにしておくこと。この2点だけ注意しておけばOK。

基本設定で持っていくだけで普通に使える!

ソフトバンクのアメリカ放題は2015年5月現在で、利用料無料。キャンペーン期間が終わると「月額980円」になるようですが、海外に行く回数が多くない人にも対応できるように、課金の仕組みを色々検討しているのころではないでしょうか。このサービスの良い所は、基本設定のまま持っていけば意識すること無く、データ通信と通話料金が日本にいる場合と変わらないというところ。

<ソフトバンクアメリカ放題の設定方法>

まず渡航前に以下の設定になっているか調べます。iPhoneやiPadの「設定」から「モバイルデータ通信」を選択し、国際ローミングはオフ、4Gは利用する設定になっているか確認します。(通常はなにもしなくてもこの設定になっているはずです。)

PCカフェ アメリカ放題 設定

米国に到着して電源を入れると、以下の様なメッセージが届きます。これで、画面左上にSprintと表示されていれば、データ通信が使える状態です。下の写真ではT-Mobileになっていますが、この時には電話をかけると国際通話料(日本へはおよそ140円/分)かかかります。Sprintは米国でも電波が悪いところがあるので通話の時は注意が必要です。またsprint以外の時には国際ローミングがオフになっていればインターネットはできないようになっています。

PCカフェ アメリカ放題 設定

上のメッセージだとわかりづらいですがとにかく、sprint以外のキャリアの時には通話しないように注意が必要。データ通信の国際ローミングは必ず:OFFにしておくこと。ということです。

「設定」からインターネット共有を「オン」にしておくことで、ノートパソコンやその他周辺機器も使えるようになります。もちろんApple Watchも。

PCカフェアメリカ放題 これで、旅行中にfacebookなどSNSに情報をUPしたり、メールのやり取り、ウェブの検索、GoogleMap(カーナビ)として、旅の強力なツールになります。

通話も自動的にダイヤルアシスト。米国内は国番号なし

通話時には、メモリされている人はそのまま日本にいる時と同様に呼び出して通話をすれば、それで自動的に国番号などをつけてくれます。米国内に掛ける場合も、(+1)などの国番号を付ける必要はありません。(ソフトバンクに問い合わせた時には+1をつけてくださいと言われました。どちらでも通話はできました。)

(写真は2015年5月現在のApple本社の映像)
PCカフェ Apple本社

ネット接続が絶対に無いと困るという方へ

アメリカ放題が始まるまでは、米国への渡米時には、空港などでWi-Fiルータをレンタルして渡米するのが一般的でした。日額1,000円程度ですが、sprintの電波はシリコンバレーでも大きな建物の中や高速道路などでたまに入らない場所もあります。どうしても常にどこでもネット接続が必要な方はT-mobileなどと乗り入れしているWi-Fiルータもレンタルしていくと良いでしょう。当初筆者もそのようにしていましたが、今回の記事掲載にあたってはiPhone6のみで、運転時のナビもiPhoneのみで運用しましたが、全く問題なく利用することができました。結論から言えば、sprintのエリアを見てもiPhoneだけで十分と言えます。

今後、米国だけでなく、他の国との乗り入れが可能になることで、海外出張や旅行に行く方にますます国境の感覚がなくなることでしょう。ソフトバンクが始めたこのサービスは、いよいよシームレスに携帯電話が世界中で使える時代の幕開けになることは間違いありません。

アメリカ放題に関する更に詳しくは以下の公式サイトにてどうぞ。
http://www.softbank.jp/mobile/service/global/america-hodai/