ホーム Android Androidアプリ紹介 いろんな端末でコミックや雑誌など電子書籍を楽しめるBookLive

いろんな端末でコミックや雑誌など電子書籍を楽しめるBookLive

2071
0
シェア

電子書籍ストア BookLive!

凸版印刷グループが提供している電子書籍サービス、「BookLive!:ブックライブ」。国内最大級の書籍の品ぞろえで、スマフォ、タブレット、iPad、iPhoneなどモバイル端末はもちろん、パソコンなどでも気軽に読書が楽しめる。BookLiveは携帯電話会社の決済サービスとも連動しているので、電話料金と一緒に書籍代を支払う事もできる。

豊富なコミック・雑誌が魅力。立ち読み機能もある。

12万点以上のコミック、雑誌、書籍、写真集などを取りそろえた国内最大級の電子書籍ストアBookLive。懐かしい漫画も最近の漫画も多数用意されている。

BOOKLIVE PCカフェ

無料の会員登録を行い、専用のアプリをiPhone、iPad、タブレット、アンドロイドにダウンロードすれば、BookLiveが用意しているクラウドサーバーと同期をとって好きな時に電子書籍を読む事ができる。クラウド上に保管されている電子書籍はタブレット型やデスクトップなど複数の端末を持っているのであれば、端末間で同期されどの端末でも見る事が可能になる。

BookLiveが提供している電子書籍専用端末Lideoで快適環境を!

書籍を本当に良く読むという人には、このLideoという電子書籍閲覧用専用端末をお勧めする。書籍を読むと、その間タブレット端末などの電池も消費し続けるので、いざ端末で違う操作をしようとした時に困る場合もある。本をよく読む人なら、このLideoは非常に強い味方になる。

[tmkm-amazon]B00AMUNGE0[/tmkm-amazon]

まず、通信機能も搭載しており、契約なし、通信料無しでも、WiMAXの電波が届くエリアなら、出先、移動中、公園などどこでも書籍の購入、クラウドとの同期、ダウンロードが可能。もちろん自宅などの無線LANでも利用できるので、エリア外の人でも安心。

ディスプレイは16階調のグレースケールディスプレイだが、カラーのバックライトが付いた液晶画面と比べて強い光が無く、目にもやさしい。さらに充電持続時間は、1日30分程度の読書時間で計算すると、およそ1ヶ月。旅行に行く際などに充電器を持っていく必要がない。

メモリは4GBだが、これは端末側の書籍を削除してもクラウド側に残っているので、必要に応じてまたダウンロードすれば良い。

電子書籍サービスは、BookLiveだけでなく、他にも多くの企業・書店がサービスを開始している。最近では、出版社が多くの電子書籍ストアにタイトルを配信しているため、読める本の差が大分なくなってきているが、BookLiveは現在のところ、国内最大級のサイトと言っても過言ではない。

[appstore id=”456859610″ store=”JP” style=”full”]

アンドロイド版アプリ

アンドロイド用アプリは以下のボタンからダウンロードしてください。

Get it on Google play PCカフェ