ホーム Microsoft Office Excel エクセルで後から行を挿入しても、連番を崩さず表示する

エクセルで後から行を挿入しても、連番を崩さず表示する

1609
0
シェア

オートフィルを使い連番を入力しても行を挿入したり、削除したりすると連番が崩れてしまいます。そんな時にROW関数を使うと後から行を挿入や削除をしても自動的に連番が振り直される便利な方法です。

ROW関数 =ROW()

セルA3からセルA12までに連番を入れます。セルA3に =ROW()-2 と入力しエンターキーを押します。「-2」というのは行の途中セルA3が1から始まる連番で上の2行を飛ばしているので「2」を引きます。

2015-09-16_15h04_36

セルA3に「1」が入りました。

2015-09-16_15h36_54

セルA3からセルA12までオートフィルを使ってドラッグをします。

2015-09-16_15h40_46

5番の橋本さんを削除してみます。

2015-09-16_15h46_29

5番の橋本さんを削除すると自動的に平塚さんが繰り上がって5番にふり直されました。

2015-09-16_15h49_20