ホーム PICK UP オンライン上で海外の大学に留学。学費は無料!

オンライン上で海外の大学に留学。学費は無料!

3163
0
シェア

khan-img

今、海外の大学がオンライン上で無料の講義を展開している。これら大学の講義は、動画やインタラクティブなコンテンツにより展開され、だれでも自由に講義に参加できるという事で話題を呼んでいる。例えば上の画像は、カーンアカデミーの数学のテストの風景だが、チェックボックスで回答を選び進んでいく。殆どの大学が基本英語だが、日本人にとっては英語も同時に学べるという事で、スキルアップに利用する人が増えている。

オンライン大学はMOOC(Massive open online course)と呼ばれ、今までの大学の授業のあり方を変える可能性がある。というのも、通常大学では基礎を教え、宿題に応用問題が出されるような展開だが、オンライン大学では反転授業(フリップト・クラスルーム)と呼ばれ学生はビデオ講義で基礎を学ぶため、理解できるまで自宅で何度も見返す事ができ、通常の授業のように吸収するペースが違う人の間での理解の差をカバーできるメリットもある。また、学生同士が教えあうフォーラムなどを用意し、見たこともあった事もなく、ライバルでも無い人たちが、更に人を教えあうというメリットも生まれる。

ここでは、幾つかある無料で受けられる大学をご紹介したい。

Khan Academy ?-カーン・アカデミー-

kahnacademy

MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業したヘッジファンドに勤めていたカーン氏が設立したサイト。元々はボストンに住んでいたカーンがニューオリンズに住むいとこに「数学を教えてほしい」と言われ、遠隔で教えるためにYoutubeに動画をアップしたところからはじまったもの。黒板のような画面にタブレットで文字を書くと言うスタイルで分かりやすく授業が展開される。算数レベルから学べるので、英語習得が目的の人にもお勧め。


?Coursera -コーセラ-

coursera

世界中のトップレベルの大学が集まってオンライン講義を無料で提供している。コーセラの特徴は、無料ではあるが、本当の大学のように履修登録をして講義が終了するとテストもある。講義中には宿題などもあり、評価付きで採点される。英語が最も多いが多言語で授業が展開されている。iPhone,iPadのアプリも用意されていて、タブレットなどでも勉強しやすくなっている。


?UDACITY -ユダシティー-

udacity

グーグルの自動操縦自動車を開発したセバスチャン・スランが創設した、最新のテクノロジーの話題を中心とした内容が多いのが特徴。進んだ内容のクラスは有償のものもあり、費用対効果は十分に満足のいくものとなっている。


?edX -エドックス-

edX

MITやハーバード、カリフォルニア大学バークレー校など30を超える有名大学が参加して無料コースを提供している。受講後、申請すれば有償で修了証も取得ができる。オープンソースなので、他の大学や企業が教育目的に利用も可能。日本からは京都大学も参加している。


?The Open University -オープンユニバーシティー-

open-us

イギリスで生まれた高等教育機関オープンユニバーシティ―は、無料のOpen Learnの他、有償の講義を受講する事により、オンライン教育のみで学位が取得できる。

◆-◆-◆-

世界のトップレベルの教育が無償で受けられるこれら大学は、有償の授業を用意したり、優秀な成績を収めた人材を企業に仲介するなど、様々なビジネスモデルでその運営を行っている。

自宅で海外の大学に留学できる時代。今後もますますオープンソース化する大学が増えてくると言われている。