ホーム Microsoft Office Excel 商品を注文する際に必要な個数だと何ケース注文すべきかを一発で計算。

商品を注文する際に必要な個数だと何ケース注文すべきかを一発で計算。

1166
0
シェア

ケース単位で買い物をするときに、必要な個数に不足がないように買い物をしなくてはいけませんが、必要な個数もしくは多くなるようにケースの数を出すには CEILING関数を使うと計算が出来ます。

=CEILING(数値,基準値)

数値⇒必要な個数

基準値⇒1ケースの個数

80本の鉛筆を12本単位で購入するにはセルD3に =CEILING(C3,B3)と入力をしてエンターキーを押します。

2015-09-10_13h54_45

 

2015-09-10_14h04_30

鉛筆を購入する数が「84」と出ました。

購入するケースの数を出すには 購入する数÷1ケースの個数 で計算ができるので セルE3に=D3/B3 と入力をします。

2015-09-11_09h57_26

 

2015-09-11_10h02_12

鉛筆を購入するにはケースの数が「7」と計算できました。

2015-09-11_09h53_12