ホーム Googleクラウド Googleドライブで簡単OCR。書類を写真に撮ってテキストデータに変換

Googleドライブで簡単OCR。書類を写真に撮ってテキストデータに変換

625
0
シェア

GoogleドライブにはGoogleドキュメントを使ったOCR機能が搭載されています。書類や書籍などの紙データからテキストを起こすのは非常に大変ですが、この機能を使えば、スマートフォンなどで撮影した画像からテキストデータへ自動的に変換してくれます。

まずは、Googleドライブ上にスマホやデジカメで撮影した画像をアップロードしておきます。(iPhoneでのアップロードの仕方はこちらから!

次にアップロードされた画像をWindowsなら右クリック、Macなら「Ctrl」キーを押したままクリックしてメニューを出し、「アプリから開く」-「Googleドキュメント」を選択して、画像をGoogleドキュメントで開きます。

Googleドキュメント上でOCRが開始されます。

ファイルが開いたらGoogleドキュメント上に写真が貼り付けてありますが、スクロールしていくと下にはOCRを実行した結果として読み込んだテキストデータが表示されています。

これで、OCR完了です。写真を撮るときになるべく明るい場所で影などが入らないようにするのと、ピントをしっかり合わせて文字が良く判別できるようにすると認識率があがります。