ホーム Googleクラウド iPhoneでGoogleクラウドサービスを使うために入れておきたいアプリ一覧

iPhoneでGoogleクラウドサービスを使うために入れておきたいアプリ一覧

707
0
シェア

GoogleのクラウドサービスはiPhoneでもとても活躍します。例えば写真は容量無制限でGoogleが預かってくれる「Googleフォト」やクラウドストレージの「Googleドライブ」、スケジュール管理ができる「Google カレンダー」など様々なサービスがあります。ここでは、iPhoneに入れておきたいアプリをご紹介します。

※各アイコンをタップするとダウンロードページが開きます。

Googleアプリ

音声アシストでGoogleの検索をサポートするアプリです。「ここから、鎌倉の大仏まで車で行くには?」とか「近くのコンビニ」とか「145+43は?」などなんでもGoogleに聞きましょう。


Googleフォト

iPhoneで撮影した写真を無制限でクラウドにバックアップできる。AIによる顔識別や画像識別により、映っているものから検索が可能。


GoogleMap

マップアプリの定番。iPhoneなら携帯用カーナビとしても使えます。通常のナビよりも優れた道路情報や地図の自動アップデート、音声ナビなどを搭載しています。


Gmail

iPhoneにもメールアプリは入っていますが、やはりこのGmailアプリは必須です。Googleアカウントとの親和性が高く、本文を読み取ってAIが自動的に返事を書いてくれる機能などがあります。


Googleドライブ

Googleのオンラインストレージが利用できるアプリです。データをクラウド化しておけば、iPhoneのデータのバックアップにも利用できます。


Googleカレンダー

iPhoneでもスケジュール管理ができるアプリ。


Google Chrome

ブラウザとしておなじみのGoogle Chrome。iPhoneでも利用すれば、履歴やブックマークの共有などが可能。


Google翻訳

アプリに向かって話しかけた言語を自分の好きな言語に翻訳して話してくれるアプリ。


Googleハングアウト

Googleアカウントを持っている人同士でテレビ電話が可能。複数人同時にネットミーティングも楽しめます。


YouTube

インターネットのYoutube動画サイトにアクセスして動画を見たり、自分で撮影した動画をアップロードできる。


Googleドキュメント

Googleドキュメントを使ってiPhoneでワープロ書類が作成でき、共有などもかけられる。


Googleスプレットシート

Googleスプレットシートを使ってiPhoneで表計算ファイルを作成できる。

よく使うGoogleのアプリはこのようなものがあります。すべて無料のアプリで、Googleアカウント、G Suiteに対応しています。これらのアプリは是非入れておきたいアプリです。