ホーム Android LINEの再インストールが必要になったときの注意点

LINEの再インストールが必要になったときの注意点

141
0
シェア

不具合が起こったことにより、どうしてもLINEを再インストールしなければいけなくなった際に、再インストール前後でやっておかなければならないことがいくつかあります。特に事前にやっておかなければならなかったことをやらずに再インストールしてしまうと、データがなくなってしまい復元できなくなり後悔することになってしまいます。

ここでは、LINEアプリをアンインストールして再インストールする場合のやっておかなければならないことについて説明します。

はじめに流れとしては、アプリをアンインストールする前にやっておかなければならない「アカウント登録」、「トーク履歴」のバックアップについて説明します。

①アカウントのメールアドレス登録・パスワードの設定
今のLINEは新規登録時にメールアドレスとパスワードの登録が促されますが、あくまでも任意での登録になっているので登録されていない方が多いと思います。また、以前は登録作業にアドレス登録の仕組みがありませんでしたので、メールアドレスの登録がされていないと思われます。
自分のアドレスが登録されているか確認するには、設定→アカウント で確認できます。(機種やOSによって言い方が違う場合もあります。)

下記写真は、iPadので画面になります。メールアドレス、パスワードが未登録になっています。
未登録を押すと登録画面に進みます。そこで登録・変更ができます。
再インストール時や機種変更のアカウントの引継ぎなどでを利用する際にも必要になるので、登録をおすすめします。

 

②次にトーク履歴のバックアップをします。
LINEを再インストールするとトーク履歴が削除されてしまうので、データのバックアップをしておいたほうがいいでしょう。

Androidの場合
設定 → トーク → トーク履歴をバックアップ・復元と進み、Googleドライブにバックアップするをタッチして一括バックアップができます。

iPhoneの場合、iCloudを利用したトーク履歴のバックアップが行えます。必ず事前にiCloud Driveをオンにした状態で、LINEアプリをひらき、設定 → トーク・通話 → トークのバックアップへ進み今すぐバックアップを選択することでバックアップができます。

③ここまでの作業が完了したら、LINEの再インストールをします。
Google PlayやApp StoreからLINEアプリをインストールします。

LINEが再インストールされましたら、事前にバックアップを取っておいたデータを復元します。
登録済みのメールアドレスとパスワードでログインし、電話番号認証と年齢確認が完了すると、データの復元が行えます。

④アカウントにログインします。
今まで利用していたアカウントにログインをします。
LINEアプリを起動後、最初に出てくる画面でログインを選択し、メールアドレスとパスワードを入力し、アカウントにログインします。

この作業で、トーク履歴がなかったり、スタンプが使えなかったりしますが、前とほぼ同じ環境に戻ったはずです。

⑤トーク履歴の復元
トーク履歴がきちんとバックアップされていれば、LINEの再インストール後に、

Androidの場合
設定 → トーク → トーク履歴をバックアップ・復元と進み、復元をタッチするとインポートされます。

iPhoneの場合
iCloud Driveにバックアップしたトーク履歴を復元する画面が表示されるので、復元を行ってください。ここで復元をしないと後での復元はできません。

⑥LINEスタンプの再ダウンロード
LINEスタンプは、無料、有料問わず、使いたいスタンプはすべて再ダウンロード必要になりますので、再ダウンロードをしてください。