ホーム IT トピックス Mac上でもWindows10プレビュー版を無償で動かしてみる。

Mac上でもWindows10プレビュー版を無償で動かしてみる。

3906
0
シェア
PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

2015年7月29日に発売されるWindows10。そのプレビュー版が無償で提供されていますが、エミュレータというソフトウェアをMacにインストールする事で、Mac上でもWindows10を動作させることができます。MacユーザーとしてもWindowsがMac上で動作すれば非常に便利です。このエミュレータを使えばWindowsだけでなくLinuxなど他のOSをMac上で動作させることができます。もちろんすべて無料で楽しめます。

今回は大きく分けて以下の2つの手順を行います。

  1. Virualboxというフリーのエミュレータソフトをダウンロードしインストールする。
  2. Virualboxで仮想マシンを作成する。
  3. Windows10 プレビュー版ISOファイルをダウンロードして、インストールする。

早速行っていきましょう。

Macで他のOSを動作させるフリーウェアVirtualBoxをインストール

VirtualBoxのソフトウェアをインストールします。以下の公式サイトから最新版をダウンロードしましょう。

VirtualBox公式サイト:https://www.virtualbox.org/

公式サイトにアクセスし、左側のメニューにある「Download」をクリックして、Mac版のVirtualBoxをダウンロードします。

PCカフェ VirtualBox Windows10

ダウンロードが開始されると画面下にダウンロードファイルが作成されますので、完了したらクリックして展開します。

PC CAFE ダウンロード VirtualBox

ダウンロードファイルを展開すると、インストーラーが表示されますので、インストーラーをダブルクリックして起動し、「続ける」などを押してインストールを完了させてください。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

インストールが完了したら、Macのアプリケーションフォルダか、画面下のドック内にあるLaunchPadをクリックし、VirtualBoxのアプリを起動します。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

VirtualBoxを起動すると以下のような画面が起動してきますので、続いて仮想マシンを作成します。仮想マシンはMacOS上にWindowをインストールする仮想のコンピュータを作成しそこにWindows10を入れます。

①の「新規」をクリックすると仮想マシンの名前と種類を選択する画面が表示されます。②名前は自由に設定できます。他の仮想マシンとの識別に使うだけですので、例えば愛犬の名前でもOKです。入力が完了したら「続ける」ボタンをクリックし、次の画面にすすみます。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

次にWindowsを利用する際に使用するメモリのサイズを設定します。Windows10 64bit版をインストールするのであれば最低2GBのメモリが推奨です。32bitの場合は1GBが必要です。この場合、例えばMacに搭載されているメモリが4GBの場合、VirtualBoxを起動すると、Mac側で使えるメモリが2GB、Windows側で2GBという形になります。今回は16GBとMac側にたっぷりとメモリ容量がありますので、余裕をもって4GBのメモリを割り当てました。メモリサイズの変更は赤枠のスライダもしくは右側の上下のボタンをクリックして変更します。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

メモリサイズを設定したら下にある「続ける」をクリックして次にハードディスク(HDD)の設定を行います。最低限必要なHDDの容量は32GBです。Macに搭載されているHDD(またはSSD)の容量からWindowsで使う容量を割り当てます。ここでは「仮想ハードドライブを作成する」を選択します。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

次にハードドライブのタイプを選択します。特別なことがない限りはVDI(VirualBox Disk Image)を使用します。他にも仮想化している領域を持っている場合は他のタイプにしておくと便利ですが、今回はVDIで説明します。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

次にストレージのサイズです。後でWindows側の容量が足りなくなってきた場合には「可変サイズ」にしておけば、自動的に拡張してくれます。「固定サイズ」にしておけば、あとでWindows側の容量が増えそうな場合「空き容量はありません」などのメッセージが出てMac側の容量を圧迫するようなことはありません。今回はハードディスクにも余裕があるので、「可変サイズ」を選択します。
スクリーンショット 2015-07-10 0.40.23

最後にファイルの場所と初期設定時のハードディスクの容量を設定します。最低32GB必要ですが、今回はHDDドライブに余力があるので60GBに設定しました。最後に「作成」ボタンを押すとこれで仮想マシンが作成されました。

スクリーンショット 2015-07-10 0.40.51

仮想マシンが作成されると、Virtualboxの左側の一覧に仮想サーバー名が表示され、現在の状況が表示されます。現時点ですと、まだWindowsがインストールされていない、架空の「空のパソコン」を作成しただけの状態です。

スクリーンショット 2015-07-10 0.41.05

Windows10 プレビュー版のISOファイルを入手しよう。

続いてWindowsのインストールを行いますが、インターネット上からISOファイルをダウンロードして、そのファイルから直接インストールが可能です。今回はWindows10プレビュー版 64bitをインストールしますので、Windows Insider Program のサイトから該当のISOファイルをダウンロードします。ダウンロードをするには、Insider Programに参加するためにMicrosoftアカウントが必要です。まだお持ちでない方はMicrosoftアカウントをその場で作成も可能です。

Microsoft Insider Program (Win10ダウンロード公式サイト):https://insider.windows.com/

以下サイトに行き、サインインをクリックしてすでにMicrosoftアカウントをお持ちの方はそのままログインを。お持ちでない方はそのままMicrosoftアカウント」を取得してください。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10サインインしたらダウンロードページに移動します。ページをスクロールして「はじめにーPC」をクリックします。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

次のページでもページを最下部までスクロールし「プレビュー版」を入手するをクリックします。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

Macでこのページにくると「Windows10 Insider Preview」は利用できませんというメッセージが表示されますが、そのページの下部にある「ISOファイルの入手」という文字をクリックすることで、ISO形式のファイルをダウンロードできます。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

次にWindows10 プレビュー版のプロダクトキーが表示され、ダウンロード言語を選ぶ画面が表示されます。プロダクトキーは忘れないようにメモをとるか印刷し、「日本語」を選択して、インストールしたいWindowsのバージョンを選択します。今回は仮想マシンを64bit対応にしましたので、64bitをダウンロードします。32bitに設定したかたは32bit版をダウンロードしてください。

PCカフェ Windows10 プレビュー版

ダウンロードが完了すると、ブラウザの下部にisoファイルが表示されます。

PCカフェ Windows10 プレビュー版

これで、準備は完了です。次はいよいよ先ほど設定した仮想マシンにWindows10をisoファイルよりインストールします。

Windows10をMacのVirtualbox仮想マシンにインストール

Virtualbox上の仮想マシンを選択し、「起動」ボタンを押して起動します。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

初回の起動では、Windowsがインストールされていないため、仮想ドライブから起動する旨が表示されます。下図の①に先ほど表示されたWindows10のisoファイルが表示されている場合はそのまま「start」をクリックします。表示されていない場合は②のフォルダをクリックして、先ほどダウンロードしたWindows10のisoファイルがダウンロードフォルダにダウンロードされていると思いますので、それを選択して「Start」ボタンをクリックすれば、Windowsのインストールが開始されます。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

Windowsのインストール画面に移動します。青いWindowsのマークが表示されれば無事インストーラーが起動しています。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10 「今すぐインストール」をクリックして次にすすめます。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

 

プロダクトキーの入力を求められますので、先ほどダウンロードした時に控えたプロダクトキーを入力し、画面右下の「次へ」をクリックします。PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10つづいて、利用規約に同意します。左下の「同意します」にチェックを入れて次に進んでください。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10インストール方法の確認を行います。今回は初めてWindowsをインストールしますが、ディスクの設定も行いますので、下の「カスタム」を選択してください。PCカフェ Windows10 プレビュー版

次にパーテーションの設定に入ります。先ほど設定したハードドライブが1つだけ表示されていると思います。(他に仮想ディスクを作っている方は他にも表示されています。)該当のハードドライブを選択し画面右下の「新規」をクリックし、そのまますべての容量を「適用」すれば、新しくパーテーションが作成されます。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

適用を押すと以下のようなメッセージが表示されますので、「OK」をクリックして、「次へ」で次にすすみます。
PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

これで、ディスクのセットアップが完了し、Windowsのインストールが始まります。インストールは自動ですすみ、終了したら自動的に再起動がかかり、初期設定の画面まで進みます。

PCカフェ Windows10 プレビュー版 以下の画面が表示されたら「簡単設定を使う」をクリックして、初期設定を始めます。
PCカフェ Windows10 プレビュー版

今回は企業用ではなく個人用として設定していきますので「私が所有しています」という設定で「次へ」進みます。PCカフェ Windows10 プレビュー版次にMicrosoftアカウントを入力し、パスワードも入れたら「サインイン」ボタンをクリックします。

PCカフェ Windows10 プレビュー版

Windows10では、PINコードによるパスワード管理を推奨しています。これはログインように数字4桁のPINコードを設定するものです。「PINを使用します。」をクリックして次に進めます。PCカフェ Windows10 プレビュー版任意のPINコードを設定して、「OK」をクリックします。

PCカフェ Windows10 プレビュー版以上でセットアップは完了です。「次へ」をクリックすると再起動がはじまり、ログイン画面が表示されます。

PCカフェ Windows10 プレビュー版仮想マシン上でWindowsが起動したらログインしてWindows10をお楽しみください。この仮想マシンはパソコンの操作と全く同じように操作をしなければなりません。Windowsの利用を終了する時には必ず「スタートメニュー」から「電源」を選択し「シャットダウン」を選択することで仮想マシンを正常に終了してください。

PCカフェ MacでWindowsを動かす Windows10

以上。