ホーム IT トピックス Microsoftのタブレット Surface まもなく日本発売。

Microsoftのタブレット Surface まもなく日本発売。

1362
0
シェア

surface

すでに米国では発売が開始されていて、マイクロソフトストアでは今でも人気のWindows8搭載のSurfaceがまもなく日本でも発売される見通しとなっている。iPadやAndroidのタブレットに割って入るWindowsタブレットに関心が集まっている。

E01547F8-B187-4209-8BA4-39A870BDDED9

すでに米国ではSurface RT と Surface Proの2機種が発売されていて、マイクロソフトストア店頭でも注目の的になっている。価格はSurface RT 32GBが$499、64GBは$599。Surface Pro 64GBは$899。純正カバー兼キーボードにもなっている「TouchCover」をセットで購入すればプラス$100(通常別売価格$115)で販売されている。

特にこのWindow RTを搭載したSurface RTはコストを抑え、タブレット型PCに特化した機能を搭載し、ほぼOffice 2013と同様な機能をもつOffice 2013 RT Previewも搭載。Word Excel PowerPoint などの書類の編集もできるので、ビジネスユースにも十分対応できるモデルになっている。(Office 2013 RT Previewと通常のOfficeとの違いはこちらでご確認ください。)

注意しておきたいのは、Windows RTは、従来のWindows 7 や現行のWindows 8 の流れとはちょっと違うものとして、マイクロソフトが発売した新しいタブレット用のOSとして認識をしておかないと、大きな誤解を生む事になる。米国で発売された時も、やはりWindowsという名前がついているだけに今まで使っていたXPや7などで作った書類などとの互換などに期待した人が多く、不満の声なども漏れていたが、これは新しくタブレットPCとして、タッチパネルを使って動く新しいものとして捉えておいた方がいい。もし、旧バージョンのWindowsで作った書類などやWindows 8対応のアプリケーションをデスクトップPCなどと同様にインストールして利用したいなど、パソコンの延長上にあるタブレットとして使いたいのであれば、絶対にSurface Proを選んだほうがよい。

日本マイクロソフトの公式サイトでは、「ハマる、タブレット。詳細は近日発売予定。Surface(サーフェス)はマイクロソフトが提供する、進化したタブレットです。」という説明文と共に、レンガの壁にペイントされたようなデザインの予告画像が表示されている。

surface001

Surface公式サイトへはこちらから。