ホーム Googleクラウド Microsoft Office OutlookでGmailを送受信するには

Microsoft Office OutlookでGmailを送受信するには

22069
0
シェア

前回Outlook Expressでご紹介しましたが、今回は、Outlook(2016)での設定方法となります。
※2013でも設定はほとんど変わりません。

IMAP を有効にすると Google Apps のアカウントメールを Outlooでも送受信することが可能です。Google Apps の Gmail と Outlook は双方向で通信をおこない同期されます。Outlook で特定のメールをフォルダに移動すると、Gmail 側でもそのメールに移動したフォルダと同じ名前のラベルがつけられ、フォルダと同様に整理することができます。

1. IMAP を有効にする

画面右上の[設定]をクリックし、設定画面を表示します。[メール転送と POP/IMAP]タブをクリックし、IMAP アクセス[ IMAP を有効にする]を選択します。

IMAP設定POP : メールサーバから、メールをコンピュータにダウンロードする方式です。
IMAP : メールサーバにメールを置いたまま、メールボックスの一覧だけをコンピュータに表示する方式です。

2.?Googleアカウントのログインとセキュリティの設定

お使いのGoogleアカウントでこちらにアクセスします。
https://myaccount.google.com/security

上記のURLにアクセスすると、ログインとセキュリティの画面に行くので、
そのページの中に、「安全性の低いアプリの許可」という項目が無効になっているので、こちらを有効にします。

安全性の低いアプリを有効に設定

3. Outlook の新規アカウントを作成

Outlook を起動し、新しいアカウントを作成します。
ファイルメニューの[アカウントの追加]をクリックします。

アカウントの追加表示された画面のアカウントの追加の画面で、「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

2016-06-14_10h43_25

 

「POP または IMAP」を選び、「次へ」をクリックします。

 

アカウントの追加 POPまたはIMAP

 

次にメールサーバーの設定を行います。
ユーザー情報の名前の部分は表示させたい名前になるので、お好きな名前を入力し、電子メールは、これから設定するメールアドレスを入力して下さい。

サーバー情報の中のアカウントの種類は[IMAP]を選択し、

受信メールサーバーに[imap.gmail.com
送信メールサーバーに[smtp.gmail.com

と入力し[次へ]をクリックします。

アカウント名に完全なメールアドレスとパスワードを入力し[詳細設定]をクリックします。

2016-06-14_08h27_57

次にアカウントの詳細設定を変更していきます。

Outlook 詳細設定

まず「送信サーバー」タブをクリックして開き、
「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」をクリックします。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)に自動でチェックが入るので、設定は変えずに、そのまま「詳細設定」タブをクリックします。
以下ポートの設定となります。

2016-06-14_08h29_09

受信サーバーポート 993
暗号化接続の種類 SSL
送信サーバーポート 587
暗号化接続の種類 TLS

 

設定が終わりましたら、「OK」ボタンを押し、「次へ」ボタンをクリックしましたら、
テストアカウント設定というウィンドウが表示されて、アカウントの設定確認が始まります。

2016-06-14_08h31_25

すべて完了すると、上記の画像の様にチェックが入ります。
エラーの場合は、赤い×印が表示されるので、前の画面に戻り設定を確認しましょう。
チェックが完了しエラーがない場合には、「閉じる」ボタンを押します。

2016-06-14_08h31_32最後に完了ボタンを押すとメールのダウンロードが始まり、Outlook で Gmail を送受信する事が可能になります。

2016-06-14_12h09_07