ホーム Windows Microsoft Office Microsoft Office Outlookに登録されている連絡先をエクスポートする方法

Microsoft Office Outlookに登録されている連絡先をエクスポートする方法

833
0
シェア

Microsoft Outlookから連絡先をエクスポート

今回は、Outlook2013を使用してOutlookに設定してある連絡先をGmailに移行する手順となります。この方法はOutlook2016でも同様の操作で行うことが出来ます。

Outlook から連絡先をエクスポートすると、CSV などでファイルに保存されます。このファイルを使用して、別のメール アカウントに連絡先をインポートできるようになります。

1.PCのOutlookで{ファイル}を選択します。

※リボンの左上隅に「ファイル」オプションが表示されていないバアは、使用しているのはOutlook2013若しくは2016ではありませんのでこちらの方法ではエクスポートする事が出来ません。

2.「開く/エクスポート」、「インポート/エクスポート」 の順に選択

3.「ファイルにエクスポート」 のを選択します。

4.「カンマ区切り」 を選択します。

5.「連絡先」 を選択します。

[エクスポートするフォルダーの選択] ボックスで、必要に応じて先頭までスクロールし、自分のアカウントの [連絡先] を選択し[次へ] を選択します。

6.「エクスポート先のファイル名」 を入力します。

まずここには、何も入力されていないフィールドが表示されますが、こちらには、addressと入力します。

その後、フールドの右にある「参照」ボタンクリックします。

今回は保存場所を分かりやすくする為に、「デスクトップ」を選びました。
ここは、覚えやすい場所で大丈夫ですのでどこでもOKです。

保存する場所を選び、「OK」ボタンをクリックすると、保存場所のパスが表示されているのでそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

7.「完了」 をクリックします。

以下の処理を実行します。の画面になったら、そのまま完了ボタンを押すことによって、選んだ連絡先をエクスポートする事が出来ます。

上記でエクスポートは出来ましたが、Gmailにインポートする際には、そのままインポートを行いますと文字化けを起してしまいます。必要に応じてダウンロードしたファイルをエンコードを変更することをオススメいたします。

Gmailの連絡先にエクスポートしたファイルをインポートする方法はこちらをご確認下さい。