ホーム IT トピックス SKYPEが日本のユーザーに通話チケット無料提供

SKYPEが日本のユーザーに通話チケット無料提供

1463
0
シェア

3月11日に発生した東北地方太平洋地震を受けて、無料インターネット通話のSKYPE(スカイプ)が同社が提供する有料サービスであるスカイプから固定電話への通話について、25分以上通話のできるバウチャーチケットの無料配布を始めた。

すでにユーザーの方であれば、E-mailなどでSkypeクレジットバウチャーコードというものが送られてきているはず。このクーポンコードを以下URLよりアクセスし、ログインする事で適用できる。

skype.com/go/voucher


▼SKYPE公式ページ
http://www.skype.com/

Wi-Fiスポットも解放

さらに、日本国内にある5500のWI-FIスポットでインターネットが楽しめる有償サービスSKYPE ACCESSをも当面無料で開放し、音声通話、ビデオ通話などの活用を促している。

国内では、被災地の安否確認や災害への不安から携帯電話や固定電話の通話が非常に込み合い、通話が出来ない状態になる事が予想されている。すでにIP電話やインターネット電話などを活用し負荷の分散等が行われているが、SKYPEを活用する事によりさらなる負荷分散に繋がる可能性は高い。